アロマセラピー、リフレクソロジーの資格検定学校・スクール TOP > 講師陣・スクール教育理念 >  活躍実績
1997年私は、仕事を辞め単身イギリスへアロマテラピーやリフレクソロジーを学ぶために留学をしました。
イギリスでは一流のテクニックはもちろんですが、それ以上にセラピストとしてクラインアントと向き合う上での精神性や心構え、
セラピストが施術に対するイマジネーションの持ち方一つで、結果として完成するセラピーのムードを変えることができる、
というところまで学ぶことができたことが、今の私の最高の財産です。
また、同年代の若いセラピストだけでなく、経験を長く積まれた年配のセラピストも長くお仕事を続けており、
皆さんがこのセラピストという仕事を一生のお仕事にしているという点に深い感銘を受け、
そこに高いプロ意識とセラピストとしての生きがいを感じとることができ、このような経験と出会いに大変感謝しております。
留学は大変、実りのあるものでしたが、ひとつ気づいたのがイギリスをはじめ、
欧米のセラピストの友人達は「肩こり」がないということでした。
日本人の私だけいつも肩がこっていました!(笑)
その時に深く考えさせられたのが、「欧米で生まれたリフレクソロジー」をそのままの形で日本に持ち帰るだけで
本当に日本の人たちを癒せるのか?という疑問と、自分が肩こりでもあるし、
自分が「肩こり」な日本人に合ったオリジナルのリフレクソロジーをつくらなければという強い思いでした。
今振り返ると、海外だったことが余計に自分を強く思いこませたのだと思います。(笑)
帰国後はそのような思いから、肩こりな日本人のためのリフレクソロジー「ハイブリット・リフレクソロジー」を、
多くの友人のセラピストと協力して開発しました。
そして現在、東京・銀座・成城・豊洲で約30,000人以上の会員の皆様から愛される、技術となることができました。
日本はいま「癒しの時代」といわれていますが、私は、テクニックはもちろんですが、
一人ひとりのライフスタイルの中に活かせるように、アロマテラピーやリフレクソロジーを伝えていきたいと考えています。